2018年10月02日

保育士後期試験まで、あと2週間ちょっと。

こんばんは。
お久しぶりです。行政書士の きのした ですわーい(嬉しい顔)

平成30年後期の保育士試験まで、あと2週間ちょっとですね!
この試験って受験票届くのが遅いので、、「間違いなく、申し込みしたよなぁ、したよなぁ。。」と不安になるんですが、皆さんはどうですか?

先程、ポストを見に行ったのですが、保育士試験の受験票は届いてなくて、ミスターチルドレンの新アルバムが届いてました!(笑)手(チョキ)今日は、お仕事は早々に切り上げて音楽鑑賞します!たのしみ〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ちょっと、話が脱線してしまいましたが、
あと3教科絶対に合格しますよっ!

というのも、神戸市の東よりで(仮称)「メロンパン保育園」を設置したいと思っているからです。小規模認可保育園(0〜2歳未満)もしくは企業主導型保育園として2020年4月開園を目標にやっていきたいと計画しているのですが、、資金面もそうですし、認可要件を満たしていかなければ市区町村から採択されませんから、行政手続きは本当に苦慮します。募集地域で一つしか保育事業者を選ばないとなる場合、申し込みが私の会社だけなら採択率は高いのですが、そこに3つも4つも申し込み事業者が現れた場合、社会福祉法人とか保育所をいくつも経営して盤石の資金と繋がりのある会社の方が採択率は高いですから、負けてしまうんです。

なので、私は行政書士として保育所の開園サポートをお手伝いする場合、〇〇園設置プロジェクトと銘打って求められてない追加資料を添付して、ものすごいアピールをするんです!そして、何度も何度も無駄に保育施設課へ出向きます。やっぱり、不採択となった場合でも、やり切った感がないと諦められないんですよねぇ。。

保育士の方々には、やっぱり自分で理想とする園を持ちたいって方が多くいらっしゃいまして、でも何から始めていいのか、行政書類の作り方がわからないとかが大多数です。その方たちの為に自分が受け皿となってお仕事しようと事業活動しています。(じゃないと、行動を起こさなければ絵空事に終わってしまいますからね。保育園事業の新規募集は、もう1年〜2年でそろそろ終わってきます。実際、募集かけてない地域もありますからね。都市圏で保育園の開園を考えてらっしゃる方は、絶対、行動に移すべきです!常に、アンテナを張っておきましょう。)

また、数年前、某新聞にて掲載された潜在的な待機児童の数(80万?)もちょっと懐疑的な見方です(ちょっと多すぎるような・・)。出生率が大幅に増えるということは今の日本の給与水準と日本人特有の思考性では考えにくいので、数年後には定員割れの風も吹いてきます。(今現在もあると思いますが、保育事業者が生き残りをかけてアイデアや工夫、情報発信をしていくことが大事かなぁと常に思います。つい先日、官房長官が外国人の就労ビザ関係を拡大していく旨を述べてらっしゃいましたよね。表向きは、外国人の方に日本の技術を学んでもらって外国へ帰って活かしてもらおう〜という建前ですが、人手不足解消が主目的です。ですので、増えるであろう中国系や東南アジア系の外国人の方にむけた広報の仕方であったりが重要だと思います。書類関係連絡書関係も複雑になっていき、行政書類はどんどん増えていくと思われるので保育従事者の方の負担増加が心配です。)

急激に保育所の箱物を増やしていっている状況なので、定員割れ増加の一報が多くのメディアに発信されてしまうと、非難が保育所に向けられる事が怖いです(税金ですから)。助成金や委託費の軽減や、見直しが行われた場合、事業者としては気が気ではいられません。今現在でも、経営はギリギリなんですから。

まぁ、諸々熱く語ってしまいましたが、、、あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)ふらふら

メロンパン保育園実現にむけてちょっとずつですが取り組んでいきます(諦める場合もありますので悪しからず)。兵庫で保育士試験を受験される方に、ちょっとチラシでも作って、設置メンバー加入の求人等の広報をしようかなぁと思っていますが、絶対、試験会場内だと怒られると思うので(笑)、駅前で配ろうかなぁとも思ってます。無理そうであれば、隣の席の方や、偶然話ができた方にお声がけさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

メロンパン保育園設置プロジェクトブログ
IMG_8672.JPG
(ネコ)メリーさん、なんちゅうところで寝てるのよ。。

(追伸)保育所のサポートコースに、イチゴちゃんコースミカンちゃんコースメロンちゃんコースを加えてわかりやすくしました。ご依頼を頂いた報酬料金は、諸経費を除いてメロンパン保育園の整備費設置資金にいたします。



posted by きのした行政書士 at 18:35| Comment(0) | 保育士試験合格への道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: